お問い合わせ

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

日本拳法宗家 澤山宗海先生

明治39年12月12日生まれ、 本名勝(まさる)昭和7年関西大学法文学部法律科卒業。 同年秋日本拳法を創始し、日本拳法会を組織し会長となる。 昭和15年2月応召、同21年5月まで南支の戦線。 昭和29年母校関西大学講師。同年矢野文雄氏に会長を譲り、 宗家を号し専ら道の研究に専念する。 昭和42年大阪薫英女子短期大学教授。 昭和52年9月没。 著書に「大日本拳法教書」「日本拳法教伝」。

日本拳法の歴史

 古来拳の格技は、組打の格技とちがって、修技者両名が、相対し互いに自由に技を戦わして稽古することは、きわめて危険で、血を流さずしてすることは、絶対に不可能である。このため稽古は、古くから補助的な独り稽古をしたり、また修技者同士が形式で稽古したものであった。むろん独り稽古、形稽古も拳法の修行には必要だが形一辺倒の修行をしているうちに、欠陥や弊害が生じてきたのである。そこで「約束組手」「自由組手」「真剣組手」の自由に撃ち合う稽古が工夫考案され、防具着装の創案となったのである。時に昭和5年秋のことである。さらに技が磨かれ、様式が整い昭和7年に同志100人が集い、会が結成され、澤山宗海宗家が初代会長となった。防具の考案には、太い針金を曲げ、面金や股金をつくり、帆布を縫い合わせ、綿クズを詰め、頭・頬当、下当を書式作し、垂水神社(大阪吹田市)の裏山で実験し試行錯誤を繰り返し完成し、乱稽古の誕生となったのである。昭和9年のことである。

日本拳法とは

 日本拳法は素手の格技である。その技術構成は、拳の突打、足の蹴りなどの搏技と、 組ついた場合の投技、関節の逆技などの諸技を総合したものである。 その特徴は防具を着装し、自由に撃ち合って安全に稽古ができる、 近代武道である。  日本拳法は武道である。だが、同時に、スポーツとして快味を楽しむこ ともできるし、また、体育として心身を陶治することもできる。これは、 人の受け方によって、できてくる相違である。だが、拳法自体は元来一つ のものであって、その受け取り方のいかんによって変わるものではない。 これは学ぶ者がよく銘記せねばならない。また道は、単に知識のみでは得 られず、全身をもって求め、そこには必ず、全身の活動による実践がいる。 修行者は、拳法の取得によって、道を果たそうとするのである

紋章の解説

 

この紋章は拳法の構成を象徴したものである。

 

心、身、気、力、技術、法道は、その構成要素であって、これらが織りまざって拳法ができているのである。

 

拳法は心と身に胎る。故に心は純誠に、身は健全なるを要す。

 

拳法は気と力に発動す。故に気は旺盛に、力は強靭なるを要す。

 

技は功防をつくり、術は勝敗を決す。故に技は形動を正し、術は変化に妙なるを要す。

 

法は技術を治め、道は人を育む。故に法は理に生まれ、道は自然に合するを要す。

 

これを拳法の八要という。八要をかね修めるところ、拳法も、人も、ともに完成の域に到達する。

日本拳法全国連盟中部日本本部の歩み

 中部地区では、昭和23年に山田洪志先生が、千住正男先生とともに日本拳法の普及を始めました。昭和28年に130畳の洪志館道場を中川区日置町に開設し、御子息の山田紀男先生、山田佑一先生及び山田正紀先生も練習に加わり、その後に糟谷浩伸先生、横地隆二先生が入門され、小林勝利先生、高橋昭信先生らの入門と続きました。豊橋地区では、糟谷昌太郎先生が、藤原義孝先生と共に、春日井地区では、千住先生の下で稲垣喜孝先生、片桐宏先生が、三重県では、柴田勝先生、浅井教恵先生が、日本拳法の普及に努め、中部地区での日本拳法発展の基盤を築きあげ、一方、学生拳法では、昭和36年5月に中部日本学生拳法連盟結成記念の第1回中部学生拳法選手権大会(於、金山体育館、現ガイシホール)を開催し、平成24年の第52回大会では11校の大学が参加するまでになりました。また、中部高校連盟では、東海大会を核にして拳法が発展しています。この間、小・中学生への指導の浸透が日本拳法の発展に大きく寄与し、各地区での体協加盟とともに、日頃の練習の成果を各地区での市民大会及び中部総合大会にて披露しており、今年の第26回中部総合大会で700名規模の選手が参加するように普及発展を遂げています。
 組織面では、平成10年「日本拳法全国連盟」が制定され、西日本、東日本及び中部日本本部の三本部制の体制を確立しました。中部日本本部では、山田紀男中部日本本部長、山田佑一副本部長の下で昇段級審議会、局・部の本部体制が確立し、多くの支部教室と協調して日本拳法の技術向上ばかりでなく、精神面の修練も重ねて優れた拳士を輩出し、日本拳法を通じて、将来のより良い社会、国造りに貢献していきたいと思っています。